九州中学体育大会は10日、佐賀など5県で6競技があった。県勢は5競技に出場し、バドミントンの男子団体で大和が準優勝し、第3代表決定戦を制した七山とともに全国大会出場を決めた。バドミントン女子個人シングルスでは田中果帆(多久中央)が頂点に。ソフトテニスの女子個人では中村詩織・池田帆乃香組(大野原)が準優勝した。

 11日は佐賀、大分の両県で2競技がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加