【小旗の波】多くの小旗が揺れるコースを懸命に駆け抜ける選手=6区

【任せろ!】「よく頑張った」とねぎらい出発する鹿島市の松本健二郎選手(右)=16―17区中継所

【完全燃焼】5区へのたすきを渡し、その場に座りこむ杵島郡の山口祐貴選手=神埼市役所千代田支所前

 郷土の声援が選手に伴走していた。13チーム403人のランナーが、早春の肥前路、松浦路でたすきをつなぐ第57回郡市対抗県内一周駅伝大会。背中を押すように沿道へ繰り出した人波。思いに応えようと、歯を食いしばって中継に駆け込む選手たち。それぞれの思いもつなぐ情景を切り取った。

【小旗の波】多くの小旗が揺れるコースを懸命に駆け抜ける選手=6区

【任せろ!】「よく頑張った」とねぎらい出発する鹿島市の松本健二郎選手(右)=16―17区中継所

【完全燃焼】5区へのたすきを渡し、その場に座りこむ杵島郡の山口祐貴選手=神埼市役所千代田支所前

このエントリーをはてなブックマークに追加