筑肥線・肥前長野の木造駅舎は昭和10年開設。ノスタルジックな風景を求め訪れる人も多い=伊万里市大川町(フィルムで撮影)

 郷愁、旅情といった言葉が似合う木造駅舎。JR筑肥線・肥前長野駅(伊万里市大川町)もその一つ。待合室、出札口、木製窓など、昭和10年(1935年)の開業時の雰囲気を今に伝える。都会の人がイメージするローカル線の駅そのままの姿は、もはや文化財級。地域の人たちが手入れしながら大切に使っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加