<前半>

 谷口太一郎嬉野市長の号砲で一斉にスタートした。初日首位の小城市は、12区川谷がトップでたすきをつなぐと13区野中、14区堤、15区カリウキの全員が区間賞の快走。初日からさらにリードを広げた。

 3位スタートだった佐賀市は13区樋口が一人かわすと、その後も安定したリレーで2位を死守した。唐津・玄海は前日区間賞の13区美間坂斎や14区上野らが粘り強くつないで3位に入った。

 4位には14、15区で追い上げた杵島郡。5位には鳥栖市が入った。

<後半>

 2日目午後は森哲也伊万里市教育長がスターターを務めた。1位は佐賀市。17区八谷が区間賞で先頭に立つと18区吉冨も区間新の力走。22区大久保も区間賞で意地を見せたが、首位の小城市に日間で10秒届かなかった。

 4位スタートした杵島郡は女子、中学生男子区間で前との差を詰めると22区有江、23区内山が踏ん張り2位に入った。

 唐津・玄海が22、23区で順位を押し上げ3位。4位には21区中島が区間新を奪った伊万里市、5位には累計トップの小城市が入った。

このエントリーをはてなブックマークに追加