晴れやかな表情で表彰を受ける金婚さん夫婦=武雄市の北方公民館

 半世紀にわたって支え合った夫婦の歩みを祝う「第23回佐賀新聞金婚さん表彰」が8日、小城・多久市、武雄市で始まった。初日は2会場で70組が表彰状を受け取り、苦楽をともにした日々を振り返りながら記念写真に収まった。

 武雄市北方公民館であった武雄市の表彰式には市内の33組が出席した。藤戸隆・佐賀新聞社執行役員技術センター長が「皆さんの晴れ晴れとした表情に歩みの重みを感じさせてもらっている。10年後のダイヤモンド婚、20年後のプラチナ婚まで長生きを」とあいさつ。来賓の小松政市長も「私はまだ結婚12年目。みなさんの素晴らしい二人三脚を追いかけていきたい。これからも楽しい人生を歩んでください」と祝福した。

 夫婦は喜びをかみしめ、笑顔や少し照れた表情で表彰状を受け取った。出席者を代表して北方町の白濱誠さん(77)、ミサ子さん(75)夫婦が「家族愛、隣人愛、郷土愛に恵まれたいい50年を暮らせた。地域に恩返しをしながら、元気に楽しく穏やかに生活していきます」とお礼を述べた。

 =表彰式の日程=

12日(火)

▽午前10時、唐津市高齢者ふれあい会館りふれ(唐津市・玄海町)

▽午後3時、伊万里市民センター(伊万里市・有田町)

14日(木)

▽午前10時、福富ゆうあい館ゆうあいホール(白石町・江北町・大町町)

▽午後3時、鹿島市生涯学習センターエイブル(鹿島市・嬉野市・太良町)

20日(水)

▽午前10時、サンメッセ鳥栖(鳥栖市・基山町・旧北茂安町・旧中原町)

▽午後3時、千代田文化会館はんぎーホール(神埼市・吉野ヶ里町・上峰町・旧三根町)

27日(水)

▽午前10時、アバンセ(旧佐賀市)

▽午後2時、アバンセ(旧佐賀郡6町・旧三瀬村)

※(  )内は対象市町

このエントリーをはてなブックマークに追加