4回DeNA1死一、三塁、宮崎が中前に先制打を放つ=横浜

7回、オリックス・小谷野(奥)に3ランを浴びたDeNA・パットン=横浜

 オリックスが連敗を6で止めて3年ぶりに交流戦に勝ち越した。0-4の七回に代打小谷野が3ランを放ち、八回にロメロの逆転2ランなどで4点を奪った。3番手の黒木が4勝目。DeNAは救援陣が崩れ、連勝が4で止まった。

■宮崎、勝負強さ発揮

 DeNAの宮崎(厳木高出身)が勝負強さを発揮した。四回1死一、三塁から、金子の内角球を捉え、中前へ先制適時打。プロ初登板の先発飯塚を援護し「飯塚が頑張っていたし、先制していいリズムをつくってもらいたかった」とうなずいた。

 1-0の六回2死一、二塁でも金子から中前へ適時打。エースを相手にセ・リーグ首位打者を争う打力を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加