【クライストチャーチ共同】リオデジャネイロ五輪の男子ラグビー7人制1次リーグで、日本に敗れた優勝候補ニュージーランドの地元紙ニュージーランド・ヘラルド(電子版)は10日、「敗北のショックでぼうぜん」と報じた。

 同紙は「(昨年の15人制)ラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表が南アフリカを破ったことを想起させた。実力以上のプレーをし、新たな物語となった」とたたえつつ、ミスが多すぎたと悔やむニュージーランド選手の声を伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加