■20日、佐賀市で講演会

 聴覚障害者のスポーツ国際大会「デフリンピック」(7月、トルコ)にバレーボール日本代表として出場した吉田翔さん=佐賀市=の講演会が20日午後5時半から、佐賀市の佐賀商工ビル4階大会議室で開かれる。主催する佐賀県難聴児親の会「ダンボの会」は、一般の聴講者も募集している。参加無料。

 高度難聴の吉田さんは中学時代からバレーに打ち込み、昨年は聴覚障害スポーツの「デフバレー」日本代表として、世界選手権に出場。今回のデフリンピックでも代表選出され、チームは7位に入った。普段は医師として勤務している。講演では吉田さんの生い立ちや自身の障害、デフリンピックの舞台などについて語ってもらう。

 ダンボの会の福田純子代表は「目標に向かって励んできた吉田さんの姿に子どもたちが勇気づけられ、『障がい』とは何かについて考える機会になれば」と話す。問い合わせは福田さん、電話090(1512)1046。

このエントリーをはてなブックマークに追加