手作りパン屋アルパカの「イギリス食パン」

 「手作りパン屋 アルパカ」の「イギリス食パン」(1斤310円、2斤610円)は、焼くと表面はサクッと軽く、中はモッチリとした歯ごたえ。控えめな甘さの奥に、かめばかむほど小麦の味を感じる。

 小麦粉、バター、塩、砂糖とシンプルな材料だが、その分、砂糖はコクのあるきび砂糖で、塩も風味豊かな沖縄産を選んでいる。稲富ななこ店長は「極力、余分な材料は使わない。ごまかせないからこそ、きちんとした物でないと」と語る。目指すのは生地だけでおいしく、おかずの邪魔をせず、腹持ちもいい―、つまり「ご飯の代わりになるようなパン」。

 稲富店長は白石高卒業後、首都圏のさまざまなパン屋で約10年修業。2013年、地元にも近い江北町の商店街の空き店舗と出合い、店を構えた。今やすっかり地域に定着し、週末には佐賀市や武雄市からの客も訪れる。

 金~日曜は「ハード系」も扱い、「メロンパン」(180円)や、ひまわりの種が入った「ひまわりスティック」(同)、「ライ麦パン」(くるみ・レーズン入り、小180円、大460円)も人気。

店名  手作りパン屋アルパカ
住所  杵島郡江北町上小田1512-4
営業時間  10時~18時
定休日  月、火曜定休
電話  050(1550)5234
このエントリーをはてなブックマークに追加