夜間、大型車運転時の視界の悪さを実感してもらおうと小城警察署はこのほど、多久市北多久町の採石生産販売業「タニグチ」本社でダンプカーのライトを実際に照らし、歩行者を目視確認する交通安全教室を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加