米軍の新型輸送機オスプレイの事故やトラブルが続いていることについて、佐賀市の秀島敏行市長は8日の市議会一般質問で、機体の安全性を市独自で判断するのは困難との認識を示した。一方、「事故が起きたのは事実」とも述べ、大分空港への緊急着陸も含めて防衛省に説明を求める考えを明らかにした。

 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画を巡り、松永憲明議員が、機体の安全性の認識をただした。

 秀島市長は「技術的な知見を持ち合わせていないため、これらの事故が機体か、人的か、気象条件の問題か判断できない」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加