誓いの言葉を述べる7カ国・地域の代表7人=鳥栖市桜町のCODO外語観光専門学校

■「弘堂国際学園」で入学式

 鳥栖市田代外町の日本語学校「弘堂国際学園」(山本由子校長)の入学式が20日、近くの外語観光専門学校であり、七つの国・地域から81人の留学生が日本語習得に向け厳しい勉学のスタートを切った。

 入学したのはネパール、ベトナム、スリランカ、フィリピン、バングラデシュ、タイ、台湾から来日した第40期生。山本校長は「あきらめない」という言葉を掲げて、「高いお金を払って目標を持って日本へ来たのに、1年で帰った人がいる。日本もそうだが、我慢できない人が増えている。何をしに日本へ来たのかを絶対に忘れないで」と激励した。

 ベトナムのチャン・ティ・フエンさん(26)ら7人の新入生がそれぞれの国・地域を代表して「初心を忘れず勉強し日本語を習得する」と力強く誓いの言葉を述べた。

 入国が遅れている17人を含めて最終的に98人が入学予定。2年間、寮生活やアルバイトをしながら大学や専門学校への進学などを目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加