6月にはツァイツ市への公式訪問団に参加する永渕恵美子さん=鳥栖市山浦町

 自宅のログハウスで華道教室を開いている鳥栖市山浦町の永渕恵美子さん(68)は、高校卒業後に入社した会社でお花に出合いました。現在は池坊の副総華督として活躍しています。

 市社会福祉会館や子ども教室、お寺や幼稚園、保育園のお祝いごとなど、いろいろな所からも依頼され、日々駆け回っています。

 6月にはドイツの友好交流都市ツァイツ市への鳥栖市公式訪問団に参加し、市民向けのワークショップと舞台上でお花を生けるデモンステレーションをする予定です。お花から元気がもらえるのと、生けているとき「無」になれるのが好きで続けているそうです。

 22日(土)、23日(日)には久留米シティプラザで春の華展に出品します。わらをあく抜きして剣山を自作する永渕さんのお花は、繊細な中にも力強く生き生きとして、見た人に感動を与えます。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加