11日午後3時50分ごろ、JR長崎線の肥前浜駅と肥前七浦駅の間でレールの異常が確認された。このため後続電車は徐行運転し、午後5時30分現在、30分以上の遅れが出ている。運転士が「揺れがいつもより大きい」と気付いた。原因は点検中。10日にも長崎線の肥前白石駅と肥前竜王駅間で、暑さが原因とみられるレールの変形が確認され、一時運転を見合わせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加