佐賀新聞社は8月12日午後6時半から、アジア・太平洋戦争の記憶をどう後世に引き継いでいくかを考えるシンポジウムを佐賀市のアバンセで開く。未曽有の戦禍を及ぼした大戦の終結から71年目の夏、戦争体験者の証言を基に、佐賀県内の若い世代や歴史学者らが意見を交わす。入場無料。問い合わせは佐賀新聞社編集局報道部、電話0952(28)2121。

このエントリーをはてなブックマークに追加