初めての神埼署への赴任。「とにかく体を動かすことが好き」といい、毎朝のウオーキング、休日はジョギングで早速、地域の実態把握に汗を流している。

 白石町出身で1982年に県警入り。機動隊など主に警備畑を歩んできた。92年には愛知県の航空自衛隊小牧基地から海外派遣部隊が出発する際、ゲートの警備に加わった。過激なデモ隊と対峙(たいじ)し「過酷な現場だったが訓練は裏切らなかった」と振り返る。この経験は後に糧となり「『訓練で泣いて実戦で笑う』が合言葉。日ごろからの蓄えがなければ、目的達成はできない。ワハハという意味じゃないよ」と信条を語る。

 管内を見渡せば多発する交通事故情勢、断層帯の真上に位置する土地柄、水害の恐れも横たわる。「危機意識を念頭に、実直に職務に臨みたい」。愛読書は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』。大河ドラマも毎週欠かさずチェックするという。

このエントリーをはてなブックマークに追加