農林水産省は8日、コメとコメ加工品の年間輸出量に関し、2019年に16年の4倍超の10万トンに伸ばす新たな目標を掲げると発表した。国内のコメ需要の減少を補い農家の所得を引き上げる狙い。実現に向け、価格競争力が高い品種など輸出用のコメを安定的に作る産地を「戦略的輸出基地」に認定し、海外展開を狙う流通業者と引き合わせて重点的に支援する。

 この事業に参加する産地・業者の公募を同日始めた。斎藤健農相は閣議後の記者会見で「高い目標だが、果敢に挑戦したい」と述べた。

 新たな目標は主食用のコメと、せんべいなどの菓子や日本酒を原料米に換算した分の合計輸出量を、16年の約2万4千トンから10万トンに引き上げる内容。同省は19年に農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標を策定済みで、このうちコメ・コメ加工品は計600億円と見積もっていたが、16年実績は約220億円だった。金額に加えて10万トンという数量目標を設け、てこ入れする。

 主食用のコメの輸出は香港やシンガポール向けを中心に増加傾向にあり、16年の輸出量は約1万トンだった。一方、国内需要は毎年8万トンのペースで減少。国による生産調整(減反)の廃止も18年に控え、海外市場の開拓が課題になっていた。

 輸出拡大事業には、産地側は生産者団体・法人が輸出用のコメの生産目標や取引条件を、流通業者は販売戦略などを記して応募する。10月末にも第1弾の対象者を公表し、産地と流通業者の方針を公開して互いに取引先を見つけやすくする。流通業者の希望や戦略に応じて売り込みを強める国を決め、販売促進活動などを後押しする。

 農水省は、コメの新たな市場を国内外で開拓する産地に10アール当たり2万円を助成する交付金を18年度予算の概算要求に盛り込んでおり、この活用も視野に入れている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加