北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)の写真

 【平壌、ソウル共同】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は14日、米領グアム周辺へのミサイル発射計画を巡り「(実行するかどうか)愚かな米国の行動をもう少し見守る」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。一方マティス米国防長官は国防総省で記者団に、グアムにミサイルが着弾すると判断すれば迎撃すると明言。同時に米国には対話の意思があるとも強調し、激しい駆け引きを繰り広げた。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日の演説で朝鮮半島での戦争を全力で阻止すると表明、「誰も韓国の同意なく軍事行動を決定することはできない」と述べた。一方的な武力行使に反対する姿勢を鮮明にし、北朝鮮だけでなくトランプ米政権にも自制を強く促した形だ。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は14日、「米国が朝鮮半島周辺で危険な妄動を続けるなら、既に宣言した通り重大な決断を下す」と警告した。

このエントリーをはてなブックマークに追加