白石町の主力農産物の一つであるレンコン。白武宏一さん(30)は、栽培を始めて4年目になりました。

 実家は兼業農家。高校卒業後、農業とは違う仕事に就いていましたが、自分の努力次第で収入を得ることができる農業に魅力を感じ、レンコン農家での修業を経て就農したそうです。

 現在240アールの圃場(ほじょう)でレンコンを栽培していますが、厳しい基準をクリアした作物だけに与えられる、特別栽培農産品の認定を受けています。

 さまざまな学習会にも参加。圃場の規模拡大と加工品の製品化を目標に、情報を得ています。白武さんのレンコンは、佐賀市のJA産直街かど畑で購入できます。ぜひ、食べてみてください。

(地域リポーター・武富由美=江北町)

=がんばってます=

このエントリーをはてなブックマークに追加