広島は今季初の連敗が3に伸びた。打線が技巧派左腕の石川を打ちあぐね、鈴木のソロの1点に終わり、緒方監督(鳥栖市出身)は「低め低めに丁寧に投げられて、あと1本が出なかった」と嘆いた。

 開幕2戦目から1分けを挟んで10連勝した後は2勝5敗と勢いが止まった。打線が湿り気味になりつつあるが、4番新井は「一試合一試合のスタンスは変わらない。また明日しっかり準備して臨みたい」と切り替えを強調した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加