先祖の霊が里帰りするお盆。神埼市千代田町姉の「あらい花公園」では夕刻から、薄ピンク色のハスの花が照らし出されている。=写真

 個人で花公園を整備している新井康浩さん(55)が10日夜から投光器を設置した。ハスの花は仏教で極楽浄土の象徴とされ、盆の時期には精霊棚に供えられてきた。公園では約100本のハスが今夏最後の見頃を迎え、「花をめでてもらいながら、亡くなった人に思いをはせてもらえれば」と新井さんは話す。花公園は無料で開放しており、点灯は日没後の午後7時半~同11時まで。問い合わせは味彩あらい、電話0952(37)6217。

このエントリーをはてなブックマークに追加