祭りのフィナーレで合戦を披露した、闇の中に浮かぶ女みこし=伊万里市の浜町交差点

 伊万里市の夏の風物詩「どっちゃん祭り」が7日、伊万里市中心市街地で開かれ、市民ら約2万8000人の人出でにぎわった。勇壮な女みこしや総踊りなどで、江戸時代に焼き物の積み出し港として栄えた伊万里津のにぎわいを再現した。

 「夏・おんな・伊万里津」が祭りのテーマ。実行委員会の小松尚子会長は「女性パワーで暑さを吹き飛ばし、伊万里のまちを盛り上げていこう」と呼び掛けた。市内の女性団体を中心にした総踊りは300人近くが輪になり踊った。

 祭りのクライマックスは女みこし。さらしに法被姿の女性たちが、2基のみこしを勇壮に担ぎ、浜町交差点のステージ前で、それらを組み合わせる“合戦”を披露。その場でゆっくり1周回ると、観客から大きな拍手が起きた。この日は市内のダンスグループによる「どっちゃんダンシング」や、子ども会対抗によるボウリング大会なども盛り上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加