玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県内で訪問介護事業を手掛ける「たすけあいワーカーズビスケット」が21日、山口祥義知事に対して再稼働に反対するよう要請した。「原発事故時に要援護者は安全に避難できない」と訴えた。

 要請書は「要援護者は1人で避難できずにそれぞれ困難な状況を抱え、現行の避難計画では介護に携わる人が利用者を被ばくさせずに避難させる実効性は見えない」と指摘している。県の担当者に手渡した手塚希与子代表は「高齢者ら不安を抱える人の声を受け止め、再稼働を認めないでほしい」と話した。

 同日は市民団体「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)も要請活動した。「慎重な意見の専門家からの問題点や県民から寄せられた質問と疑問に県は全く回答していない」などとして再稼働を判断しないよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加