伊万里市山代町の伊万里松浦病院の運営法人が長崎県松浦市への移転を検討している問題で、塚部芳和市長は21日、市議会全員協議会で19日の法人幹部との面談内容を説明した。市議からは先行き不安とともに、「松浦市側の今後の協議の進み具合を把握していくべき」などの声が挙がった。

 塚部市長は冒頭、独立行政法人地域医療機能推進機構(本部・東京)の宇口比呂志理事のやりとりを紹介し、「市外への移転の場合、診療所機能を残すよう要望する」と強調した。今後、地元の区長会や医師会にも報告するとした。

 市議からは「あと何年で移転してしまうのか。地域に『何にもない』ということにならないか」と懸念した。別の議員からも「移転先の医師会の賛否は半々と聞いている。にっちもさっちもいかなくなって病院自体がなくなりはしないか」などと質問が飛び、塚部市長は「今は法人の動きを見守らざる得ない」との認識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加