山口祥義知事(中央)とまちづくりのアイデアを語り合った「GOLD Uー35」のメンバーら=伊万里市伊万里町の「LIB COFFEE IMARI」

 山口祥義知事が伊万里市を訪れ、30歳代が中心の地域おこしグループ「GOLD U-35」のメンバーら12人と今後の伊万里を盛り上げる手法などを語り合った。

 県はグループのリーダー森永一紀さん(34)を、「肥前窯業圏」の情報発信事業「SAGA Dish&Craft」の地域プランナーに任命しており、山口知事は激励の意味もこめて森永さんが経営するカフェを訪問した。

 同グループは伊万里の地域おこしイベントや「筋肉かき氷」のパフォーマンスで知られ、個々の本業は菓子職人や窯元、整骨院、市職員、映像制作、信用金庫などと多彩。ざっくばらんな雰囲気で意見交換し、料理や起業の教育システムなどで具体的なアイデアも挙がった。

 記念写真で山口知事が筋肉隆々のメンバーに“お姫様だっこ”される場面も。知事はまちづくりの情熱を感じ取り、「伊万里の素材の素晴らしさを生かし、いろんなことが実現できそうでわくわくする。出てきた(若者の)芽をしっかり伸ばせるよう応援したい」と期待を膨らませた。

このエントリーをはてなブックマークに追加