県産酒で乾杯する参加者=大阪市北区の旧桜宮公会堂

 関西圏に向けた嬉野温泉観光情報発信イベント「佐賀嬉野ぷるるん女子会」が15日、大阪市内で開かれ、関西在住の女性約100人が参加した。

 谷口太一郎市長は「この会は関西では初めての開催。嬉野温泉の魅力、食材のおいしさを感じて、SNSでの情報発信に協力を」と呼び掛けた。会場には佐賀牛や温泉湯豆腐、県産食材を使った特別メニュー、うれしの茶を使ったスイーツ、県産日本酒などが並び、参加者が舌鼓を打った。

 フードデザイナー中本千尋さんのトークショーや篠笛奏者佐藤和哉さんの演奏、嬉野温泉手湯体験などもあり、参加者からは「美肌と健康のためにも嬉野温泉に行ってみたい」と声が上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加