1回戦・呼子シールス-神埼球友 延長9回を投げ抜き、投手戦を制した呼子シールスの主戦鶴大智=佐賀市の久保田グラウンド

呼子シールス(唐津市)

 000000012─3

 000000011─2

神埼球友(神埼市)

(九回特別ルール)

(呼)〓-太田

〓は鶴の俗字、鳩の九が守、寸が隹

(神)西川-松本吏

▽三塁打 西川(神)

 呼子シールスが特別ルールで競り勝った。先発の鶴は七回無失点の好投で試合を作った。延長特別ルールの九回表、無死満塁から3番磯口の中前打などで2点を追加。その裏の攻撃を1失点でしのぎ、接戦を制した。

 神埼球友は、先発の西川が好投するも一歩及ばなかった。

■鶴、エース対決で意地

 エース同士の投げ合いで延長にもつれた接戦は、呼子シールスの鶴大智が神埼球友の西川大介に投げ勝った。チームに白星をもたらしたエースを、松尾達也監督は「投手が踏ん張り、粘った結果が勝利につながった」とたたえた。

 序盤から丁寧に低めを突く投球を見せた。ただ四回2死、相手の3番西川にこの日初安打となる三塁打を許した。それでも鶴は冷静だった。「投げ合いで1点でも取られたら負ける」。エースとしての意地を見せ、この回を無失点で切り抜けた。

 9回を一人で投げ抜き、勝利を呼び込んだエースは「次も気を抜かず全員プレーで勝ちたい」。疲れも見せず次戦を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加