1回戦・大坪赤門少年-朝日少年 朝日少年五回裏無死、4番山口駿介が2打席連続となる右越え本塁打を放ち6-0とする=佐賀市の東与賀運動公園

大坪赤門少年(伊万里市)

      0000000─0

      131010×─6

朝日少年(武雄市)

(大)川原陽-柴田

(朝)川浪-山口

▽本塁打 山口2(朝)

▽三塁打 藤木2(朝)

 朝日少年が着実に加点して完封勝ちした。初回に3番犬塚康のスクイズで先制。二回に1番藤木の2点三塁打などで3点を加え、三回、五回に4番山口が2打席連続本塁打を放って突き放した。

 大坪赤門少年は相手先発川浪のテンポの良い投球に打線が沈黙した。

■主将山口、2打席連発

 朝日少年主将の4番山口駿介が2打席連続本塁打を放つ活躍を見せた。守っても捕手として投手の粘りの投球を引き出し、勝利に貢献した。

 三回裏に右越え本塁打を放ち、迎えた五回裏。左打席から自然体で振り抜いた打球は大きな放物線を描いて右翼の頭上を軽々と越え、「いつも通りに打てました」と淡々と話した。

 山口は捕手としては珍しい左利き。試合では先発・川浪悠太郎のテンポの良い投球を引き出し、小田博見監督も「川浪が粘り強い投球を見せてくれた」と勝因に挙げた。

 次戦に向けては「とにかく元気を出す。みどりの森県営球場で試合がしたい」と山口主将。あと1勝でその舞台を踏める。

このエントリーをはてなブックマークに追加