【ベルリン共同】ドイツ捜査当局は21日、サッカー1部リーグのドルトムントの香川真司選手らが乗ったバス付近で11日に起きた爆発の容疑者として、ロシアとドイツの二重国籍の男(28)をドイツ南西部で拘束した。当局は事件によってチームを経営する企業の株価を下落させ、多額の利益を得ようとした可能性があるとみている。

 当局によると、男は事件当日、この企業の株を一定期間内にあらかじめ決めた価格で売る権利を得るデリバティブ(金融派生商品)をインターネットで購入。株価が下落すれば利益を得られる仕組みという。

 当局はドルトムントの選手らに対する殺人未遂や傷害などの容疑で捜査。男は11日、選手らが宿泊していた西部ドルトムントのホテルに滞在し、現場を一望できる部屋から事前に仕掛けた爆発物を遠隔操作で起動した疑いが持たれている。

 大衆紙ビルト(電子版)は21日、男が電気工学に詳しく、当局は爆発物を遠隔操作する知識もあるとみていると報じた。さらに、爆発物運搬に使われた疑いのあるレンタカーを受け取りにきた他の2人についても調べているという。

 現場からはシリアなどで続く過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦で、偵察任務に当たるドイツ戦闘機の引き揚げを求める犯行声明が見つかった。当局はイラク人の男を拘束したが、爆発に関与した証拠は得られなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加