全国大会出場が決まった久村直矢さん=佐賀市文化会館

全国大会出場を決めた篠田隼さん=佐賀市文化会館

 理容技術を競う「ヘアーフェスティバル2017」が19日、佐賀市文化会館で開かれた。専門学校の学生45人とプロの理美容師17人が出場し、カットやパーマの技術を競い合った。久村直矢さん(39)=唐津支部=と、篠田隼さん(23)=佐賀北支部=が出場した全国大会選考は共に実力が認められ、3年連続で県代表となった。

 大会は理容技術の向上と後継者育成などを目的に開催。全国大会の選考会は実際のモデルを使ってヘアスタイルの仕上がりを審査したほか、マネキンを使って技術を競う県大会(5部門)も行われた。出場者は真剣な表情でハサミを動かし、日頃の練習で培ったカットやセットの技術を披露した。

 パーマのデザイン性を生かし、女性らしい美しさを表現した久村さんは「出来栄えは75点。エレガントさが出せず雑になった部分があった」と辛口の自己採点ながら県代表に。「全国大会前は寝る時間を削ってでも練習を重ねたい」と話していた。

 洗練された大人の男性のパーマスタイルをテーマにした部門にエントリーした篠田さんは「セットの詰めが甘かった」と課題を実感しつつ、「全国大会までに修正し、恩師の先生の全国入賞の記録を超えたい」と意気込んでいた。

 2人は10月16日に和歌山県で開かれる「全国理容競技大会」に出場する。

 県大会の優勝者は次の通り。(敬称略)

 ▽第4部 江口香菜子▽第5部 田中千尋▽第6部 浦菜那子▽第7部 鬼木晴菜▽第8部 藤井貴康▽第9部 今村静代

このエントリーをはてなブックマークに追加