川久保正文署長から感謝状を受ける古賀千笑さんと松永信子さん(右)=伊万里市の伊万里警察署

 コンビニエンスストアでギフト券を購入させる手口によるニセ電話詐欺を未然に防いだとして、伊万里署(川久保正文署長)は20日、セブン-イレブン伊万里黒川店の店員3人に署長感謝状を贈った。

 表彰を受けたのは、松永信子さん(65)と古賀千笑さん(54)、小池耐子さん(37)。5日午前11時半ごろ、60代女性がプリペイド型電子ギフト券5万円分を買った際に詐欺を疑い、声を掛けた。女性は購入理由を話さなかったが、乗っていたタクシーの運転手の話で別のコンビニエンスストアでもギフト券を購入したことが分かり、警察を呼んだため、実質的な被害は発生しなかった。

 犯人からは携帯電話のメールに連絡があり、指定された電話番号にかけたところ、動画サイト利用料として24万8千円を請求されたという。表彰状を受け取った松永さんと古賀さんは「被害がなくてよかった。今回のことを常に頭に置いて対応・接客を心がけたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加