森永昌樹さん「さがカラー」

 県内出身、在住のグラフィックデザイナーが一つのテーマに独自の世界観を表現する恒例の「佐賀のグラフィックデザイナー展」が、佐賀市の高伝寺前村岡屋ギャラリーで開かれている。今回は「佐賀の見どころ味どころ」をテーマに8人のデザイナーが佐賀の魅力を凝縮した作品を並べている。14日まで。

 小城市の森永昌樹さんの「さがカラー」は名所や特産品の写真をスクエアに並べて佐賀の色を表現した。武雄は楼門の赤、神埼はそうめんの白など各地を色で切り取り、角に配した佐賀の青空が包み込む。

 佐賀市の江口扶美雄さんの作品は洒脱な作風。「ほっとひと息」は、湯飲みに入れた嬉野茶をポップなイラストで表現。黄色と赤で表した湯気が温かみを感じさせる。

=展示会=

このエントリーをはてなブックマークに追加