高校受験を希望する太良町内の中学生向けの学習会(昨年の様子、提供写真)

 太良町社会福祉協議会は、町内の中学校に通い進学を希望する3年生を対象とした勉強会「しおさい館学習会」を開く。2014年から自主財源で行っている学習支援事業。貧困世帯を中心に、高校進学を目指す子どもたちの手助けをする。

 13年に生活困窮者自立支援法が制定されたことを契機に、同社協が「経済的な理由で学習塾に行くことができない子どもたちの手助けになれば」と3年前にスタート。毎年約40人ずつが参加し、鹿島高校や白石高校などに進学した。

 教職経験者や学習塾などでの指導経験を持つ人、大学生が指導する。教科書や参考書などは個別に持参し、多良中、大浦中の生徒が対象で参加費は無料。

 学習会は太良町総合福祉保健センター「しおさい館」で開き、10月から来年1月までの毎週土曜日(12月30日を除く)で午後1時半から3時間程度。自主学習の個別指導や県立高校入試の過去問題の解説などを行う。申し込みの締め切りは22日。問い合わせは同社協、電話0954(67)0410。

このエントリーをはてなブックマークに追加