真夏の開催となる2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、政府が競技会場周辺で昨年夏に測定した「暑さ指数」の結果が19日までにまとまった。ゴルフ会場となる霞ケ関CC(埼玉県川越市)など3カ所で実施。いずれも熱中症のリスクが最も高い「運動は原則中止」「外出はなるべく避ける」の基準に達する日が複数あった。過酷な環境の五輪となる可能性が改めて浮き彫りになった。

 政府は観客らの熱中症予防など暑さ対策を本格化させるため、より詳細な測定が必要と判断。17年度予算案に調査費を計上し、測定地点を増やす方針だ。

 20年東京大会は五輪が7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6日の日程で開催される。最も暑い時期である上、湿度の高い東京の気候に不慣れな外国人が大勢来日することが予想されるため、政府は暑さ対策を重要課題と位置付けている。

 大会準備を担当する内閣官房の事務局は、観客が屋外に長時間滞在するなどの観点から、霞ケ関CCのほかセーリングを実施する神奈川県藤沢市の江の島、複数の会場が集まる東京都江東区の有明地区を選定した。五輪と同時期に当たる昨年7月下旬から8月中旬にかけて日なたと日陰で暑さ指数を測った。

 昨年は猛暑だったこともあり、熱中症が最も起きやすい「危険」の基準となった日が、3カ所とも日なたでは4日以上あった。日照時間が長い日を選び、毎時の平均値を算出すると、日中の大半の時間帯で、激しい運動は中止する「厳重警戒」や「危険」の基準に至っていた。

 政府は大会に向け、路面の温度上昇を抑える道路舗装といった暑さ対策を進める。暑さ指数は競技の開始時間設定などにも反映させる考えだ。【共同】

 ■暑さ指数 熱中症予防を目的とした指標。通常の気温計に加え、ぬれたガーゼに包んだ気温計などを使い、気温と湿度、日差しの強さから算出する。環境省によると、1954年に米国で提案された。単位は気温と同じセ氏で表示し、熱中症の起きやすさを5段階に分けている。暑さ指数が31度以上だと「危険」で、指針では「特別の場合以外は運動を中止する」と定められている。28度以上が「厳重警戒」、25度以上が「警戒」。以下「注意」「ほぼ安全」と続く。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加