滋養強壮、止血などに用いられるアキグミ

 グミは小さいラッパのような花を無数に咲かせ、サクランボのように赤く愛らしい実を結びます。

 ナツグミとアキグミがあり、実を結ぶ時期が異なるところから、それぞれ名前がつけられました。梅雨に実る楕円(だえん)形のものがナツグミで、9月から10月にかけてまん丸の実がなるのがアキグミです。

 鈴なりに実った真っ赤なグミをひとつまみすると、独特の渋みと酸っぱさの中に、ほんのり甘みが混じりあった味がします。

 ナツグミの果実は生薬名を木半夏(もくはんげ)といい打撲やぜんそくなどに、アキグミは牛〓子(ぎゅうだいし)といい滋養強壮、止血などに用いられます。

 渋みが強く、よほど熟さないと甘味は少ないグミの実ですが、そうと知ってはいても、甘いグミに当たるまで、つい食べ過ぎてしまうものです。

(中冨記念くすり博物館)

※〓は女ヘンに乃

このエントリーをはてなブックマークに追加