自衛隊新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画などを審議する佐賀県議会の佐賀空港・新幹線問題等特別委員会(竹内和教委員長、12人)は20日、理事会を開き、7月3日の県議会閉会後に駐屯地予定地の地権者である漁業者側を参考人招致することを確認した。

 竹内委員長によると、29日の特別委で漁業者側の意見を聞くために参考人招致を求める提案があったが、翌30日に県有明海漁協で役員改選を伴う総代会が開かれることを考慮し見送った。今後改めて理事会を開き、日程などを協議する。29日は県執行部への質疑を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加