全日本中学生男女ソフトボール大会に県代表として出場した伊万里中女子ソフトボール部

全国小学生陸上競技交流大会に出場する選手たち=伊万里市役所

 全国大会に県代表として出場する伊万里中女子ソフトボール部と小学生の陸上選手が、伊万里市役所を相次いで表敬訪問し、晴れ舞台での活躍を誓った。

 伊万里中女子ソフト部は5月に行われた県大会で準優勝し、12日から大阪市で始まった「全日本中学生男女ソフトボール大会」に出場。攻守のバランスに優れた元気いっぱいのチームで、選手たちは「まずは全国で1勝することが目標」と抱負を語った。

 小学生陸上は7月の県代表選考会の4×100メートルリレーで伊万里三香クラブ(原直哉君、能隅凱斗君、沖田悠希君、松尾侑輔君、徳永樹一君)が優勝し、6年男子100メートルを東山代少年陸上部の川原佑太君が制した。ともに20日に横浜市の日産スタジアムで開かれる全国小学生陸上競技交流大会に出場する。子どもたちは「自分たちのベストの走りで、予選を突破したい」と闘志を燃やしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加