夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が12日、出現のピークを迎えた。国立天文台によると、11日夜から見頃を迎えており、14日ごろまで多くの流星が全国各地で楽しめそうだという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加