農水省の峯村英児水田農業対策室長が9日、佐賀市を訪れ、県やJAなどが大豆の反収アップを目指して共同で取り組んでいる「麦・大豆1トンどりプロジェクト」の実証圃場(ほじょう)などを視察した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加