1杯100円でこだわりのコーヒーが楽しめるカフェ「きやの里」。店内には地場産品も並ぶ=基山町けやき台

 シニア世代の交流を促そうと、基山町のけやき台駅そばにカフェ「きやの里」がオープンした。こだわりのコーヒーを提供するほか、野菜などの地場産品も取り扱う。

 カフェはシニア世代の知識とアイデアをまちづくりに生かす住民団体「基山SGKプロジェクト」が、活動拠点である「基山SGK交流プラザ」内で取り組む。

 昨年秋にプレオープンしていたが、今年3月に水回りを整え本格的に運営を始めた。店内には会員手作りのカウンターや商品棚が設置され、豆からひき軟水で入れるコーヒーは1杯100円と良心価格。町内外の農家が手掛けたキャベツやタマネギのほか、みそや菓子なども並ぶ。

 部会長の亀山光衛(みつえい)さん(72)は「交流と癒やしの広場として、気軽に利用してもらえれば」と話す。開店時間は午前10時から午後4時まで。土日祝日は休み。問い合わせは同事務所、電話0942(50)8035。

このエントリーをはてなブックマークに追加