「29日は大町で楽しい夜を」と呼び掛ける「ワインビストロおおまち」の関係者

 大町町の人材を生かして町外から人を呼び込む新企画「ワインビストロおおまち」が29日、大町町の情報プラザで開かれる。シニアソムリエと鮮魚店主が、ワインの夕べを演出する。

 町の地域おこし協力隊の橋本優さんが発案。酒店店主で県内でただ一人シニアソムリエの資格を持つ諸石重信さんと鮮魚店主で料理上手の山下淳也さんに声を掛けた。料金3千円、先着20人で申し込みを受け付けている。

 29日は午後6時半開宴。提供する料理やワインは「当日のお楽しみ」で、フランスやスペインなどの欧風料理を融合させた肉や魚料理と、料理に合うワインを勧める。

 諸石さんは日本ソムリエ協会の佐賀地区長で、各地でワイン会をプロデュースしている。「経験を生かしたい」と、当日提供するワイン選びと、それに合う料理の研究と試作を山下さんと重ねている。

 諸石さんと山下さんは「ちょっとオシャレをしてきて、ワインと食の融合を楽しんでほしい。評価を聞きながら続けていきたい」と張り切っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加