「在宅でのみとり」をテーマにした公開講座が19日午後2時から、佐賀市のメートプラザ佐賀で開かれる。講演や劇を通じ、みとりの現状や在り方について考える。

 在宅医療の充実に取り組む医師や看護師でつくる市民団体「在宅ネット・さが」(満岡聰代表世話人)が主催する。満岡さんが講演してみとりの症例を紹介し、在宅医療をテーマにした介護劇を上演する。訪問看護師など、在宅医療に関わる職種も紹介する。

 在宅ネット・さがは市民を対象にした公開講座を年2回開いており、11回目。資料代として500円が必要。問い合わせは事務局の矢ケ部医院、電話0952(29)6121。

このエントリーをはてなブックマークに追加