2回戦・中央区少年-六角紅梅少年 六角紅梅少年4回裏1死、5番渕上颯太が本塁打を放ち、3-1とする=佐賀ブルースタジアム

中央区少年(鳥栖市)

       000101─2

       000500─5

六角紅梅少年(白石町)

(六回時間切れ)

(中)西-新垣

(六)藤井、田中-大串

▽本塁打 渕上(六)

▽三塁打 射場(中)

▽二塁打 藤井(六)

 六角紅梅少年が四回の集中打で試合を決めた。1点を先制された四回裏、5番主将の渕上が右翼線へ本塁打を放つと、後続も3連打と打線がつながり、この回一挙5得点を挙げて試合を決定付けた。

 中央区少年は、六回表に1点を返し、3点差と詰め寄るも、後続を断たれた。

■主将渕上猛打賞の活躍

 六角紅梅少年主将の渕上颯太は3打数3安打1本塁打の猛打賞でチームに勝利を呼び込んだ。「調子を上げてきている」と谷崎孝則監督が太鼓判を押すチームのけん引役は、次戦も活躍を狙う。

 四回裏、2-1とリードして迎えた第2打席。「右方向を意識し、まずは出塁する」と右打席に立った渕上は、「ボールを引きつけて振り抜く」という谷崎監督のアドバイス通りスイング。放たれた打球は右翼線を破る本塁打となった。

 主将の1本で勢いづいた打線は、7、8、9番が3連打を放ち、この回5得点の攻撃で勝利をものにした。

 基山ファイターズとの対戦が決まり、谷崎監督は「相手は強豪。焦らず普段通りの野球をする」と次戦を見据える。渕上主将は「最後まで諦めず、バットを振り抜く」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加