「自分は熱中症にはかからない」と自信を持っている方が多いと思われますが、この状態は命を失う大変な病気です。つい最近、保健管理センターにも搬送されてきました。

 熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体温の調節機能が働かなくなり、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、発症する障害の総称です。その条件として、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、急に暑くなった、照り返し・輻射(ふくしゃ)熱が強い環境のもとで、激しい労働や運動によって体内に著しく熱がたまり、暑い環境に体が十分に対応できていない状況で発症します。

 高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境下や工事現場、運動場、体育館、一般の家庭の風呂場や気密性の高いビルやマンション、窓を閉め切った車中などで生じます。脱水症状のある人(寝不足や欠食時、前の晩の飲酒など)、高齢者、幼児、肥満の人、過度の着衣、普段から運動していない人、暑さに慣れていない人、病気の人、体調の悪い人がかかりやすい傾向があります。

 熱中症の見極めは、頭痛、吐き気、転倒、顔が赤い、発熱(体温計で測れば、38度前後)、意識がはっきりしない、ふらふら歩いている、などが重要なサインです。

 熱中症になったときには、(1)涼しい環境への避難(2)風通しの良い日陰やクーラーのある室内などに移動させる(3)衣服をゆるめて、冷却(氷や水で首や脇の下、足の付け根などを冷やします)(4)水分や塩分の補給(5)冷たい水やスポーツドリンクなどを与える(ただし、意識がはっきりしていない場合、経口での摂取は厳禁)。意識がはっきりしないとき、自力で水分摂取ができないときは、すぐに医療機関へ搬送してください。迅速な判断が最も重要で、予後を決定します。

 なお、お年寄りの場合、体温調節が難しく、暑いという感覚が鈍く、クーラーが苦手な人や水分摂取も十分ではない人が見受けられますので、要注意です!

 (佐賀大学保健管理センター長 佐藤 武)

このエントリーをはてなブックマークに追加