■被爆後を生き抜いた少年たち  夏休みのさなか広島に投下された新型爆弾(ばくだん)。多くの命が猛火(もうか)に焼かれ、見えない放射線(ほうしゃせん)と闘い、死の淵(ふち)をさまよいました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加