宮崎県は20日、同県日南市でキャンプを行っていたプロ野球広島のチーム関係者らが体調不良を訴え、食事を提供した同市の旅館の調理担当者を含む計7人からノロウイルスを検出したと発表した。日南保健所が食中毒と断定。旅館の食事が原因とみられている。全員が快方に向かっているという。

 ウイルスが検出された広島の関係者は6人で、球団関係者によると裏方のスタッフ。

このエントリーをはてなブックマークに追加