世耕弘成経産相との会談を終え、記者団に対し、自らの判断の条件が出そろったとの認識を示した山口祥義知事=佐賀県庁

世耕弘成経産相との会談を終え、記者団に対し、自らの判断の条件が出そろったとの認識を示した山口祥義知事=佐賀県庁

■知事「国の決意、明確になった」

 -世耕経産相と会談した受け止めを。

 山口知事 今回は原子力政策について国に責任があることを明確にしなければと思っていた。大臣から国として責任を持って取り組むという強い決意の言葉をもらったと思う。

 -再稼働の判断にあたって懸念は解消されたか。

 知事 国の責任に対する考え方や決意に私はこだわっていたので、防災大臣や経産大臣から、原子力政策や防災対策もしっかりやっていくことがうかがえた。

 -判断の条件は出そろったと認識しているか。

 知事 後はしっかり考え、説明させてもらおうと思っている。

 -判断のポイントや時期はどうか。

 知事 あくまでも県民の安全安心を第一に考えながら総合的に考える。時期は今日の話を整理し、できるだけ早くと思っている。

 -(再稼働同意の)手続きを分かりやすくとの意見はどういう思いからか。

 知事 今回さまざまな人から(同様の)指摘があった。結局、立地自治体や関係者の理解を得るエネルギー基本計画のくだりをどう考えるかということ。いろいろ難しい問題なのだろうが、少しずつでも国の方でできるだけ分かりやすい形で「見える化」することや、どう議論したらいいのかを示した方がいい。

 -不安や反対の声は経産相に伝わったと思うか。

 知事 それは受け取る側の問題だが、そのような多くの声は届いていると思う。さまざまな人がいろんな角度で見解を述べられているので、伝わっているのではないか。

■経産相「丁寧に対応していく」

 -県民説明会の参加者から不安の声や30キロ圏内の首長から反対の声があるが、どう対応していくのか。

 世耕経産相 再稼働に関しては、原子力規制委員会が世界で最も厳しい水準にある新規制基準に適合していると判断した原発のみ安全最優先で再稼働させていただく。新規制基準は福島の事故の教訓を十分に踏まえたもので、万万が一、過酷事故が発生した場合でも対処できる十分な対策を事業者に求めている。こうしたことを丁寧に説明していくことが重要だ。原子力に関する理解活動に終わりはない。粘り強く取り組んでいく。

 -地元同意のあり方についてどう取り組むのか。

 経産相 地元自治体の同意は法令上、再稼働の要件になっていない。ただエネルギー基本計画では、国も前面に立って立地自治体と関係者の理解と協力を得るよう取り組むと記されている。この方針に沿って丁寧に対応していきたい。

 -住民が不安を感じている要因についてはどう考えているのか。

 経産相 原発は説明する時、技術用語が入ったり単位が分かりにくかったりと、そういったところがあって理解いただけていない。

 -なぜ(地元同意の)ルール作りをしないのか。

 経産相 地元同意が法律上求められていないのは、各地でかなり状況が違ってくる。それを一律に法律で縛るよりも地域の状況に応じて対応した方がいいということだと考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加