鳥栖―神戸 前半、先制ゴールを決めて喜ぶ鳥栖FW趙東建選手(右)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第8節最終日の22日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでヴィッセル神戸と対戦し、1-0で競り勝った。鳥栖はホーム戦3連勝で、順位は13位から11位に浮上した。

 鳥栖は前半、今季リーグ戦初先発となったFW趙東建(チョドンゴン)選手のゴールで先制。その後、神戸の猛攻を受けたが、GK権田修一選手やDFキム・ミンヒョク選手らが体を張った守備で最後まで得点を許さなかった。

 鳥栖は第9節の30日午後4時から、茨城県のカシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加