7校11組に賞状などが贈られた表彰式=佐賀県庁

 県教育委員会は、子どもたちの体力向上に積極的に取り組んだ小学校などを表彰した。佐賀市の県庁であった表彰式に児童や教師ら57人が出席し、8の字跳びで403回を記録した浜小(鹿島市)6年1組など、7校11組が賞状と記念品のフラフープや長縄などを受け取った。

 県教育委員会は、連続馬跳びや輪くぐりなど6種の団体競技をスポーツチャレンジに定めている。各種目で最高記録を達成した「スポーツチャレンジ賞」や、体力・運動能力調査で優秀な成績を収めた「体力・運動能力調査優良校」など、各賞に輝いた学校、クラス、縦割り班を表彰した。

 全クラスが全種目に挑戦し、三つの賞を受けた湊小(唐津市)6年の田畠涼香さんは「お互いにアドバイスし、褒め合い、協力して記録を伸ばした」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加