鳥栖―神戸 後半37分、連係して相手ボールを奪う鳥栖DF谷口(中央)とDF藤田(左)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 試合終了の笛が鳴ると、多くの選手は疲れ切ったように膝から崩れ落ちた。鳥栖は前半早々、今季初先発のFW趙東建のゴールで奪った1点を、チーム一丸で最後まで守り抜いた。

 終了間際に2失点して逆転負けした前節の悔しさを晴らす内容に、フィッカデンティ監督は「一つ一つのボールの競り合いまで徹底できた。チームの成長を示してくれた」と激闘を制した選手たちをたたえた。

 「いい状態だったから使った」と指揮官が言う趙が、いきなり期待に応えた。FW豊田のスルーパスに素早く反応し、一度相手GKに阻まれたボールを落ち着いて左足で押し込んだ。

 鳥栖のシュート7本に対し、神戸は12本。その後は相手に攻め込まれる場面も目立ったが、決定機はつくらせなかった。「求められている役割を全うする」と趙も強くプレスをかけ、後半は守備力のあるMF高橋、DF小林を投入。中央のスペースを消しながら、クロスを上げさせないほど、相手攻撃陣に圧力をかけ続けた。

 「全員が全力を出し切った。ぎりぎりの勝負だったが、完全にやられたシーンはなかった」とGK権田。「自分たちは最後に体を張ったり、セカンドボールを拾うことで勝ち点を拾うチーム。1勝で満足することなくやり続けたい」と力を込めた。

 これでホーム戦は3連勝。この勢いをアウェー戦にもつなげていきたい。

=ハイライト=

このエントリーをはてなブックマークに追加